デスクワークでお尻の黒ずみができるって知ってた!?原因と対策を徹底調査

おしりの黒ずみ画像

普段なかなか目にする事がありませんが、ふとした時に鏡をみて「お尻が黒ずんでた!!」と気づいた人もいますよね。

彼に見られると恥ずかしい・・」「温泉で人の視線が気になる・・」なんて悩んでいる人も多いようです。

早く元の綺麗な肌に戻したいと思っていても、美白化粧品やピーリングをやってもなかなか解消しにくいのがこのお尻の黒ずみの特徴でもあります。

お尻の黒ずみが嫌だからといって、毎日座らない生活なんてできませんよね。

でもきちんとケアしたらお尻の黒ずみも元どおりになるって知っていますか??

デスクワークでお尻の黒ずみができるのは圧迫と摩擦が原因

デスクワークでおしりが圧迫されている画像

デスクワークがお尻の黒ずみを作っているなんて意外ですよね。

実は、お尻の黒ずみで最も多いのはデスクワークによるものであり、長時間椅子に座っている事による圧迫や摩擦が原因なんです。

お尻はただ座っているだけでも強い圧迫や摩擦を受けています。

長時間のデスクワークは圧迫により血液が滞った上、下着による摩擦も生じるので、強くダメージを受けている状態です。

圧迫されると皮脂がたまりやすくなりますし、下着による摩擦で角質も厚くなります。

その上毛穴がつまり、ニキビが生じると炎症後に色素沈着を起こし、黒ずみがより悪化した状態になってしまいます。

デスクワーク以外でできるお尻の黒ずみの原因とは

デスクワークによる圧迫と摩擦が黒ずみの原因となっている事がわかりましたが、それ以外でできるお尻の黒ずみとは、他にどのようなものがあるのでしょうか。

1.ニキビ

おしりのにきび画像

ニキビというと「顔」だけにあるもののような感じがしますが、実はお尻にニキビができている人はとても多いんです。

座るとお尻が圧迫され、皮脂がたまりやすくなり、下着による摩擦が角質を厚くします。

角質が厚くなると毛穴がつまり、ニキビができやすくなるんです。そのニキビの炎症後に色素沈着を起こし、黒ずみを発生させてしまいます。

2.乾燥

乾燥肌タイプの人は、顔だけではなく全身が乾燥肌ですので、もちろんお尻も乾燥状態です。

顔にだけ保湿ケアをして、体には何もしていない人も多いのではないでしょうか。

肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れ、皮膚の過剰角化を引き起こし、ザラザラとした分厚い黒ずみが形成されてしまいます。

3.ナプキンによるかぶれ

肌に合っていなくても、「どうせ1週間だし・・」なんて思いながら適当に安いものを使ったりしていませんか?

合わないナプキンを使っていると、かぶれを起こしてしまい、それが黒ずみの原因となってしまいます。

赤ちゃんでも紙おむつが合う、合わないがあるように、ナプキンも人それぞれ合う合わないものがあります。

4.サイズのあっていない下着

古い下着を使い続けていると、洗濯や経年劣化により上手く身体にフィットしてくれなくなります。

サイズの合わない下着は圧迫による黒ずみの原因となります。

また、圧迫はなくとも下着が過度に緩む事により摩擦も生じてしまうので、それが色素沈着の原因を作ってしまうのです。

5.化学繊維

アクリルやポリエステルなどの化学繊維の下着は、天然繊維のものと比べると通気性が悪く、蒸れによるかぶれや炎症、色素沈着の原因となってしまいます。

天然繊維のものと比べて、化学繊維の下着はニオイの原因にもなるといわれています。

6.ムダ毛の自己処理

ムダ毛の間違った自己処理により、肌トラブルを引き起こしていませんか?

カミソリなどを使用して自己処理をする場合、目には見えない細かな傷がたくさんついてしまいます。

お尻は大変自己処理が難しい部分なので、脱毛サロンなどを利用する事がベストですが、無理ならせめて電気シェーバーを利用しましょう。

7.ホルモンバランス

女性は妊娠・出産・ストレスなどで女性ホルモンに影響を受けやすく、ちょっとした事ですぐにホルモンバランスが乱れがちです。

妊娠や出産では全身に黒ずみができやすくなりますが、産後しばらくするとホルモンバランスが落ち着いてくるので自然と黒ずみも解消される事が多いです。

しばらくしても解消されない場合は、他の事が原因となっている可能性があります。

お尻の黒ずみに最適な6つのケア方法

黒ずみの原因はわかりましたが、具体的にどのようなケアをすれば元の綺麗な美尻になれるのか、最適なケア方法を調査してみました。

1.古い下着は捨て、サイズの合ったものにする

新しい下着の画像

ショーツにほつれや毛玉がつきはじめたら、明らかに買い換えるタイミングです。

ショーツは繊維でできている為、ニオイを吸収しやすく、長い間履き続けるとバクテリアが棲みつきやすくなります。

下着メーカーが推奨している頻度は「9ヶ月」と言われているので、定期的に買い換えるようにしましょう。

2.下着の素材を天然繊維にする

肌の弱い方はとくにアクリルやポリエステルなどの化学繊維で肌荒れを起こしてしまいがちです。

綿や麻、絹などの天然繊維でできているものは、おしりを適度に保湿し、蒸れを防ぐ為、ニオイ対策にも最適です。

肌荒れやニオイが気になる方は下着の素材を変えてみましょう。

3.座り方を工夫する

長時間座っているとお尻が圧迫され、血液が滞ってしまい色素沈着もできやすくなります。

デスクワークが中心だと長時間座りっぱなしになってしまいますが、座り方を工夫するだけでいくらかダメージが軽減されます。

  • 柔らかいクッションを敷く
  • 30分に1回は立ち上がる
  • 体勢を変える

4.良質な睡眠をとる

質の悪い睡眠をとっていると、肌のターンオーバーも乱れ、黒ずみができてしまっても排出されなくなってしまいます。

ターンオーバーに重要な役割を担っているものが「成長ホルモン」とよばれるものです。

この成長ホルモンは、眠り初めてから3時間の間の深い眠りの時にたくさん作り出される事がわかっています。

眠り始めてから最初の3時間は熟睡できるような生活パターンを身につけることが大切です。

5.ゴワゴワにはピーリング

お尻を触ってみるとゴワゴワした感じがあるのなら、肌のターンオーバーが乱れ、角質層が厚くなっている可能性があります。

ゴワゴワと厚くなった皮膚に黒ずみクリームを塗っても、成分が奥まで届かない可能性が高いので、まずはゴワゴワを取る為にピーリングをおすすめします。

6.黒ずみ専用クリームを使用する

ケア方法 効果 安全性 価格 期間
黒ずみ専用クリーム 3ヶ月〜
美白化粧品 3ヶ月〜
黒ずみ専用せっけん 6ヶ月〜
皮膚科(塗り薬) 3ヶ月
レーザー治療 × 8回程度

色々な方法を比較してみた結果、即効性があるものはレーザー治療のみで他は最低でも3ヶ月はかかる事がわかりました。

色素沈着はピーリングではなくならないので、メラニンを生成するメラノサイトに直接働きかける成分が配合している黒ずみクリームでないと解消できません。

角質のごわつき以外で黒ずみが発生している場合は黒ずみ専用クリームを利用しましょう。

お尻の黒ずみができてしまっても適切なケアで美尻になろう!

デスクワーク作業が多い人はどうしても黒ずみができてしまいがちです。

黒ずみができる前なら保湿対策やその他のケアによって、黒ずみ発生を防ぐ事ができますが、できてしまった後はただ保湿するだけだと解消する事ができません。

しかし、黒ずみの原因はほとんどが「色素沈着」ですので、色素沈着の原因となっているメラニンの過剰生成を抑える事ができれば解決するのです。

そのメラニンの過剰生成を抑える物質は良質な黒ずみクリームにはほとんど配合されています。

重度になるとなかなか解消できなくなってしまいますので、軽めのうちから早めのケアで美尻を手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました