【体験談】アトピー跡による色素沈着を解決!汚い黒ずみさようなら

黒ずみを消す

関節や首など、アトピーがひどくでる部分は色素沈着で黒くなってしまいますよね。

わたしもひどい時は夏場は特に黒ずみが目立って恥ずかしかったです。

薬を塗っているのに何年も何年も黒ずみが残るのはなぜだろうとずっと思っていましたが、アトピー患者は肌のターンオーバーが乱れているのが原因でした。

この記事では、色素沈着する原因とターンオーバーを正常化させるにはどうしたらいいか、炎症しないためのケアなどを解説しています。

私も風邪を引いたりなど体調を崩すといまでもアトピー症状がでます。

しかし、原因と対策を知っていればそれ以上悪化する事はなくなるので、ぜひ対策方法を頭にいれておいてほしいと思います。

アトピーの色素沈着はシミとは別のものだった

よく聞くシミと色素沈着の違い、わかりますか?

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれていて、表皮のなかの一番下の層である基底層と呼ばれる部分にメラニン色素が増加した状態を色素沈着といいます。

ぱっと見その部分だけが周りの皮膚よりも濃い色をしているのですが、メラニン色素は肌が紫外線や炎症によってダメージを受ける事で活発に生成されます

境界線がはっきりしたものをシミといい、境界線があいまいなものを色素沈着といいます。

気づいたらできているシミや色素沈着。

アトピー肌だけではなく、健康な肌の方にもシミや色素沈着はあります。

取れない黒ずみはターンオーバーが鍵!

通常、皮膚は表皮の基底細胞で作られ、古くなった表面の皮膚が剥がれ落ちることによってどんどん下の新しい層の皮膚と入れ替わっています。

この生まれ変わりのサイクルの事を「ターンオーバー」といいます。

このターンオーバーによって夏に日焼けした皮膚も、冬になったら白く生まれ変わっているのです。

ところが、アトピー性皮膚炎による色素沈着は時間がたってもなかなか消えてくれません

どうしていつまでも消えずに残ってしまうのでしょうか?

それは、強い炎症などの異常があると通常は表皮にだけ取り込まれるメラニン色素が、真皮側にも取り込まれてしまうからです。

大変やっかいなことに、アトピーで傷ついた真皮細胞はなかなかターンオーバーをせず、メラニン色素を取り込んだ真皮がいつまでも入れ替わらない為、シミや色素沈着となって残り続けます。

そうなる前にもターンオーバーを正常化させる必要があります。

真皮に落ちたメラニンは5年もとれない!

ターンオーバーは皮膚の中でも部位によって入れ替わりの期間が違っています。

表皮・・・・28日
真皮・・・・5〜6年

真皮にまでメラニン色素が落ちてしまうとなんと5〜6年も残り続けるんです。

その間に新しい炎症部分ができてしまうと、部分的に時期をずらしながらいつまでも色素沈着がのこってしまうことになります。

皮膚のターンオーバーを正常化させる方法

真皮まで落ちると長く残ってしまう色素沈着。

皮膚のターンオーバーを正常化させて新しい綺麗な皮膚に生まれかわらせる必要があります。

そこでターンオーバーを正常化させる方法を調べてみました。

1.質の良い睡眠をとる

良質な睡眠をとる

ターンオーバーにおいて重要な役割を担っているものが「成長ホルモン」です。

この成長ホルモンが脳から分泌されることによりターンオーバーがおきています。

様々な研究の結果、成長ホルモンは主に寝ている間に分泌される事がわかっています。

熟睡できなかったり、睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌量が減り、ターンオーバーにも遅れが生じます。

よくあるゴールデンタイムといわれる夜10時〜2時の間の睡眠しないと成長ホルモンがでないかというとそうではありません。

重要なのは深い眠りにあります。

成長ホルモンは眠り初めてから3時間の間の深い眠りの時にたくさん作り出される事が最近の研究でわかりました。

ただ睡眠をとればいいというわけではなく、眠り始めてから最初の3時間は熟睡できるような生活パターンを身につけることが大切です。

2.ストレスをためない

ストレスをためない事

ストレスが溜まりすぎると血行が悪くなり、新陳代謝が乱れることによってターンオーバーが遅くなってしまいます。

睡眠の質も下げることによって成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。

全くストレスのない生活を送ることはなかなかむずかしいので、自分なりにストレスを解消してリラックスした生活をおくりましょう。

3.喫煙と飲酒は控える

タバコに含まれるタールやニコチンは血液をドロドロにし、体内の酸化を早めてしまう活性酸素を作り出してしまいます。

そして体の中でタバコの成分を分解するのに大量なビタミンCを使用するので、慢性的なビタミン不足になります。

肌に悪いだけではなく、さまざまな病気の原因となっているのでこの際禁煙に取り組みましょう。

お酒を飲むと血管が収縮し、血行不良による冷えを招いてしまいます。

肝臓が疲れてしまい、活性酸素が作られたりとお肌にとってよくない事が起こります。

また、睡眠の質も悪くなるので飲酒もなるべく控える事をおすすめします。

4.バランスのとれた食生活をこころがける

ターンオーバーを正常化させるには、必要な栄養素を一緒にとりいれることも大切です。

《肌のターンオーバーを促す食べ物》

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • セラミド

健康にも肌にもいいのでバランスのいい食生活をこころがけることが大切です。

5.適度な運動をする

表皮のターンオーバーの話をしましたが、28日というのは健康な20代の場合。

年齢と共に代謝が悪くなり、肌のターンオーバーも遅くなっていきます。40代になるとこの周期が1ヶ月半くらい遅くなります。

適度な運動は、このターンオーバーのサイクルを促進させてくれます。

運動をすることによって血流がよくなり、栄養が隅々までいきわたるようになります。

成長ホルモンが出るのは睡眠時だけではなく、適度な運動をすることでも分泌されています。

6.アトピー肌にピーリングはダメ!

ターンオーバーを気にして間違ったケアをする事があります。

よくあるのが「ピーリング」

やりはじめは一時的にきれいな肌になっているような感じがしますがそうではありません。

無理やり皮膚を削ぎ落とすことによって、まだ未熟な皮膚がむき出しとなりより敏感肌を促進させてしまいます。

とくにアトピーでもともと弱っていた肌にピーリングを行うと、作りかけの新しい肌が何枚も剥がれ落ちてしまって水分を保持することができなくなってしまいます。

それを繰り返す事でアトピーの悪化のサイクルから逃れる事ができなくなります。

ピーリングだけは絶対にやめましょう。

アトピー肌なら炎症を抑える事が一番大切!

黒ずみの原因やサイクルを知る事ができました。

アトピー肌にはまずやるべきお手入れ方法があります。

まずはかゆみなどがある炎症を取り除くということ。

一時的にステロイド剤や抗ヒスタミン薬などの飲み薬を上手に用いてひどい炎症部分などを取り除きましょう。

一時的に使う分には薬に依存したり、重度の副作用がでたりということはありません。

私は飲み薬と最強レベルのステロイド剤を使っていましたがそれでも回数を徐々に減らしてなくすことができました。

炎症部分にはどんなスキンケアも刺激となってしまいます。

まずは炎症を取り除き、カサカサしているレベルだと大丈夫なので他の保湿方法に切り替え、薬を塗る回数を減らしていきながら寛解へともっていく必要があります。

少しカサカサしているというレベルのものでも内部は完全に治ってはいません。

肌にやさしい人型セラミドなどが含まれた高保湿化粧品で症状が落ち着くように保湿ケアを行うのもおすすめです。

首の黒ずみ(色素沈着)やシワにおすすめなケア方法

アトピー肌の方は首の黒ずみやシワについても悩みがちですよね。

特に女性ならファンデーションを選ぶ時に首と顔の色に差が出てしまい、悩む事があります。

私も首と顔の色の差が激しく悩んでいましたが、首にも黒ずみクリームでケアしたおかげで改善されていきました。

黒ずみクリームには炎症を抑える効果のある成分や保湿成分などがたっぷりと配合されているものがおすすめです。

バイオイルを使うと色素沈着が消えるってホント?

結論から言うと、私の30年間分の色素沈着が消えることはありませんでした

ニキビ跡は1か月くらいすると消えましたが、やはりアトピー特有の色素沈着には難しいようです。

美容成分がどうなのか調べてみると、美白化粧品のようにアプローチしてくれる成分ではなく、あくまで肌のターンオーバーを促し、正常化することでメラニン色素を排出するといった効果のようです

アトピー性皮膚炎は真皮にまで達してしまっている根深い色素沈着なので解消する事は難しいようです。

数年使うと薄くなるかもしれませんが、早く効果が出てほしいのでわたしは使用するのを辞めました。

なかなか聞けないデリケートゾーンの黒ずみ対策

アトピーの方は十分お判りかと思いますが、体の関節部分全てに色素沈着を起こしている事が多いですよね。

特に気になるのがおしりやデリケートゾーン部分の黒ずみです。

改善したいと思ってもなかなかお医者様にも言えずにそのまま放置している事も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫。人に言わなくてもこっそりとケアする事ができます。

アトピーの色素沈着にはクリームケアがおすすめ!

アトピーの色素沈着は真皮にまで達している事がほとんどで、なにもケアしなければ5〜6年も残り続けます。

皮膚科での薬に頼っていても黒ずみを改善する事はできません。

今多く見かけるようになった黒ずみ専用のクリームはメラニン色素の生成を根本からブロックしてくれる為、これからメラニンができなくなっていきます。

そして肌の生まれ変わりを促進させる成分や炎症を抑える成分も配合されている為、アトピーに最適なクリームです。

正しい黒ずみケアを行って黒ずみのない美しい肌を取り戻しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました