色素沈着には黒ずみクリームがおすすめ!元アトピー肌の私が徹底調査!

あなたの使っている美白化粧水は本当に効果のあるものですか?

肌トラブルが落ち着いてきたのになかなか治らないのがこの色素沈着。

アトピー肌だと関節部分に色素沈着が残ってしまいますよね。

今までずっと関節部分を隠す服を着たりなど、肌を隠すしかありませんでしたが、今では普通肌の人と変わらない状態まで解決する事ができました!

数十種類を試してみて部位別におすすめのクリームをにまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください。

 

色素沈着ができる原因

わたしのような皮膚の弱い人の色素沈着は基本的に肌トラブルが関係しています。

乾燥や肌荒れなどのかゆみによる搔き壊しが一番の原因です。

私の場合は汗が出る事で関節部分がかゆくなったり、綿素材以外の下着を着用する事による肌荒れ、乾燥によるかゆみなどでした。

この原因は生活習慣や保湿ケアなどで解決する事ができますが、私のように肌をかきこわしすぎてターンオーバーが一度乱れてしまうとなかなか色素沈着までは解消してくれません。

黒ずみクリームケアをおすすめする理由

なぜ黒ずみクリームを使い始めたのかというと、私のように黒ずみで悩んでいる友達に久しぶりに再開した時にきれいな肌になっていたので理由を聞いた事がきっかけでした。

それから黒ずみクリームを徹底的に調べ、自分の体に試してみたところ、効果があったので継続して続けているという感じです。

まず、黒ずみクリームには黒ずみの原因となるメラニンの排出を抑える成分が配合されています。

その他、炎症を抑える成分や保湿成分が配合されているので使い続けるうちに今後できたかもしれない肌トラブルを予防し、今あるトラブルも抑えてくれる効果があります。

肌の弱い人にも本当に使えるの?

ほとんどの黒ずみクリームは肌に優しい成分でできており、ただの美白化粧品とは違い、デリケートゾーンにも使えるほど刺激の弱いものになっています。

刺激は弱いのに効果が抜群にいい成分が配合されているのでピンポイントに色素沈着に働きかけ、黒ずみによる悩みを解決してくれます。

部位別おすすめの色素沈着クリーム

肌の弱い人には特におすすめな『スウィープホワイト』

スウィープホワイト

  • 美白有効成分である『トラネキサム酸』がメラニンの生成を抑制する
  • 炎症性色素沈着に働きかけるグリチルリチン酸ジカリウムを配合
  • 9つの無添加で肌をいたわりながら保湿成分や美肌成分がうるおいのある肌へと導く

スイープホワイトはトラネキサム酸を配合し、肌の弱い方にも安心して使える9つの無添加や炎症性色素沈着を抑制しつつメラニン生成をブロックしてくれる黒ずみクリームです。

とにかく肌の弱い方にとっても安心できる無添加処方で、美肌成分や保湿成分などをたっぷりと配合しつつメラニンの生成を抑制してくれます。

高品質な有効成分『トラネキサム酸』を配合しており、黒ずみクリームで早く解消したい方にはぴったりの商品です。

デリケートゾーンにも安心して使えるので肌の弱い方にもおすすめです。

スウィープホワイトの詳細はこちら>>

 

ラスター

ラスター

  • デリケートゾーンから顔にまで使用でき、肌に優しい安全な黒ずみクリーム
  • 定期コースは1回の購入でも休止・停止ができ、30日間の返金保証付き
  • 肌を整える『グリチルレチン酸』や医薬部外品である『トラネキサム酸』を贅沢に配合

ラスターは医薬部外品の成分である『トラネキサム酸』や『グリチルレチン酸ステアリル』を配合している黒ずみクリームです。

デリケートゾーンにも使え、顔の気になる部分にも使用できる黒ずみクリームなので高成分なのにコスパがかなりいい所が特徴です。

水溶性ビタミンC誘導体の270倍の効果があると立証されている油溶性甘草エキスを配合しており、天然和漢成分との相乗効果で黒ずみを解消してくれます。

ラスターの詳細はこちら>>

 

アットベリー

アットベリー

  • 黒ずみもニオイも同時にケアする事ができる唯一の黒ずみクリーム
  • 美容成分をナノ化し、角質層までぐんぐん浸透する
  • 美容成分が97.8%も配合されており、敏感肌・乾燥肌にも使える
  • 医薬部外品である『水溶性プラセンタ』や肌を整える『グリチルリチン酸』を贅沢に配合

アットベリーはニオイも同時にケアしてくれる2大有効成分が高配合されているコスパのいい黒ずみクリームです。

ナノ化成分と高分子成分などを組み合わせたトリプルサンド方式で中と外から黒ずみを徹底的にケアしてくれます。

医薬部外品である『水溶性プラセンタ』や『グリチルリチン酸』を配合し、デリケートゾーンにも安心して使用できます。

ニオイも同時にケアしたい方にはおすすめです!

アットベリーの詳細はこちら>>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました