そのデリケートゾーン の黒ずみ(Iライン)は彼氏に見せれますか?

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性の画像

最近デリケートゾーン の黒ずみに悩んでいる女性が本当に多くなっています。

彼氏がいる人は彼が黒ずみを見てすでに引いているのにもかかわらず、気づかないフリをされている可能性があります。

今彼氏がいない人はいない時だからこそ黒ずみを治してこれからのいい恋愛をつかみとるチャンスでもあります。

実はデリケートゾーン の黒ずみは正しいケアをする事で理想の色にすることができるんです。

しかし、1ヶ月単位でのケアが必要なので早めに始める事が大切です。

男性が思う女性のデリケートゾーン の黒ずみに対するイメージ

普段おおっぴらに見える部分ではないので人と比べてどうなのかというのは女性にはわかりませんよね。

男性が女性のデリケートゾーン が黒ずんでいた場合、どういったイメージを持つのか調べてみた所、下記のような意見がありました。

  • 汚くみえる(不潔そう)
  • 遊び人
  • だらしない
  • 気持ち悪い

全体的にマイナスのイメージが多いですよね。

たしかに脇が極端に黒ずんでゴワゴワしている女性を見かけたことがありますが、清潔感を感じられませんでした。

デリケートゾーン が真っ黒だとやはり不潔だと思われる確率が高いみたいです。

なぜ黒ずんでいると『遊び人』だと思うの?

乳首や陰部が黒ずんでいるといわゆる『遊び人』だと思う男性が多いようですが、一体なぜそのようなイメージになるのでしょうか?

黒ずみの原因の1つには外部刺激があります。その為、性行為などで刺激を受けている=経験豊富すぎて黒ずんでいるという認識を持っているようです。

しかし、実際に性行為程度で黒ずむ事はなく、肌の乾燥や下着などによる擦れ、脱毛、炎症後によるものがほとんどです。

しかし男性がこのようなイメージを持っている以上、特に関係がまだ浅い付き合いのうちには誤解されないように早めのケアが肝心です。

男性が好む理想の色は『ピンク色』がベスト!

ピンクの画像

体の中でも最もデリケートな部位なのでちょっとした刺激でもすぐに黒ずんでしまい、黒ずみで悩んでいる女性も多くなっています。

しかし、男性が見る理想の色は『ピンク色』一択

なぜそのようなイメージが付いているのかというと、成人向け雑誌や成人向けビデオ、成人向け漫画などで知識を得ている男性が多く、AV女優さんの陰部はとてもきれいなピンク色をしています。

なぜそんなに綺麗なピンク色をしているのかというと、美容整形に通い、高いお金を払って色や形を男性が好むものにしているからです。

それがメインのお仕事ですから当然といえば当然ですよね。商売道具は綺麗にするものです。

しかし、レーザーなどの美容整形には20万円以上の資金がかかってしまい、一般人にはなかなか手をだせませんよね。

彼が黒ずみを指摘する事はある?

黒ずみを指摘する男の画像

まず、デリケートゾーン の黒ずみに気づいている男性というのはその時に性行為があり、ある程度のお付き合いがある男性に限られてきます。

2人がいいムードの中、黒ずみの事なんて指摘するとムードが台無しになる上に、女性が気分を害してしまって次の性行為に及べない可能性が高いので男性にとって指摘する事はリスクでしかありません。

そして深い仲だったとしてもすでに黒ずんでしまっているものを指摘してもどうしようもないので相手を思いやると指摘できません。

でもあなたのデリケートゾーン がピンク色だった場合は確実に喜んでもらえることは間違いない上に、より一層愛される頻度が多くなるといったメリットは大きいです。

『萎える』原因は黒ずみだった!

萎える男性

今まで女性経験があった男性は何気に以前の女性と黒ずみ部分を比べてしまいます。

もちろん愛しているので許せますが、その気持ちとは裏腹にあまりの黒さに『萎えて』しまうなんて事も・・。

一度萎えてしまうと男性は自信を失ってしまうので、次もそうなったらどうしようとなかなか性行為に及べなくなる可能性だってあります。

そんな自体にならない為にもせっかく黒ずみを解消する方法があるのですから事前に対策を打ちたいですよね。

デリケートゾーン (Iライン)の黒ずみをケアする3つの方法

現在彼氏がいる人もいない人も、男性の理想とする色であるピンク色にしていつの日か『かわいいね』って言われたいものですよね。

その為にはまずは黒ずみをケアする方法を知っておかなければなりません。

①黒ずみの原因を知っておく

黒ずみの原因は主に以下のものが挙げられます。

  • 下着の摩擦などによる物理的な刺激
  • 紫外線によるダメージ
  • 肌荒れや虫刺されなどの外傷によるダメージ
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ

デリケートゾーン なので紫外線によるダメージは除外されますが、下着による摩擦や生理前後の肌トラブルなど様々なものが要因になっています。

ストレスによる女性ホルモンの乱れもメラニンを過剰に産生させてしまう恐れもある為、女性の体は大変デリケートだと言えます。

②黒ずみを作らない為の対策

黒ずみケアも必要ですが、黒ずみケアと同時進行で黒ずみを作らない生活を送ることも大切です。

黒ずみを作らないようにするにはまずは体にあっている下着を着ているかどうか、乾燥肌対策をしているかなど、自分の体をよく観察する事が必要です。

まずは原因をみて、自分がどのタイプの黒ずみができているかを確認し、その原因を取り除く為の生活習慣をおくりましょう。

③今ある黒ずみを薄くする方法

今ある黒ずみを薄くするには主に2つの方法があります。

  1. 黒ずみクリームなどによるセルフケア
  2. 医師による治療

効果面でいうと医師による治療が最も早いですが、金額面で20万円以上の負担が必要となりあまり現実的ではありません。

セルフケアの場合は肌の生まれ変わりのサイクルを考えても最低でも3ヶ月は続ける必要があります。

黒ずみの程度によっては1ヶ月目から効果がでる方もいますが、黒ずみの原因であるメラニンを抑制する効果のある高品質な黒ずみクリームを使用しなければ長い年月がかかってしまいます。

効果を実感するなら成分の濃度が濃いものを選ぶようにしましょう。

黒ずみを無くして愛されボディになろう♡

最近ではVIOを脱毛する人が多くなっており、それを期にサロンで黒ずみクリームを紹介される事が多いようです。

美意識の高い女性はすでに黒ずみクリームを使っており、デリケートゾーン黒ずみ対策を始めています。

SNSやインスタグラムでもモデルや女優などが黒ずみクリームを紹介しており、以前よりは意識している人が増えているようです。

彼氏がいる人は彼を喜ばせる為に、今彼氏がいない人は未来にむけて黒ずみケアを行ってピンク色の綺麗な愛されボディを目指しましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました